魅力とは

自分の身体についてどのように思いますか。

ここが嫌だ、気に入らない、、、たくさん不満が出てきそうです。


私も手首まわりを気にしたり、太ももの隙間を気にしたり、アキレス腱の筋を気にしたり、街中でガラスに映る自分の姿をチェックしたり、太った、痩せた、肉がついている…と不満ばかりでした。


人の魅力ってなんでしょうか。

街中で「あの人素敵だな」「魅力的だな」と感じる人がいます。

外見だけでしょうか。

姿勢?立ち振る舞い?表情?どこでしょう。


魅力的になるための方法として、まずは「痩せたい」と考える方は多いと思います。

実際に痩せてスリムになると、まわりから「綺麗になったね」など言われて良い気分になります。自信も出てくる。

だから痩せるということが自分の魅力を増す方法となっていく。


食べないでいること、食べても吐くことで、痩せは簡単に手に入り、魅力的な自分も感じることができます。しかし、簡単に手にした魅力はとても表面的で一時的なものに思います。さらに、痩せにこだわり過ぎて自分そのもの、人生自体が振り回されてしまうのが摂食障害の怖さです。


簡単に手に入る魅力ではなく、他のところでもっと自分の持ち味をいかして、苦楽を味わいつつ日々を生きる中で、一人ひとりの「魅力」が芽生えてくるように思います。


魅力って何だろう。

改めて考えてみませんか。


克服者臨床心理士と取り組む認知行動療法

EPTR)

福井県坂井市(福井空港北隣り)

電話:080-2950-9976

mail:info@fukui-sinri.com

cbt-eating.psycological-training room EPTR